FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2020年04月25日 (土) | 編集 |
表紙がw
諫山センセのコメントとリンクしてたんですね。
先月号の感想はこちら






飛行艇がまだ無事のようなのでこれは手に入れることができそうですね。
ただその方法が・・・
飛行艇を飛ばすにはアズマビトの整備士がいなくては無理ということで
アズマビトは守らなくてはならない。

イェーガー派を一瞬で皆殺しにするしかないというアニとイェーガー派の
中には訓練兵からの同期もいるから死傷者は出したくないジャンたち。

やはりここで対立が(><)

人を助けるためにここにいるのに まずやることが島の連中の皆殺しかよ!!
どうしてこうなるんだよ!?

コニーがそう思うのも最も。
アニは強気でしたけど、元々はジャン達がエレンを止める理由はエレンに
虐殺をさせたくないということであって、マレーを守るためではないです
からね。

協力の形をとってますが、島の住民を優先するなら彼らが仲間を殺す必要
などないわけで。

アニも無理な選択を突きつけてることを自覚。
あんた達ならあの日、壁を壊すことを選ばなかっただろうね、と。
「私たちと違って」

アニの言葉はライナーに以前エレンが言った言葉を思い出させたようです。
「やっぱり俺は お前と同じだ」

これはつまりエレンもまたライナーらと同じように必要であれば虐殺を選択
する人間だということでしょうね。
でもそれならアルミンも既に大量虐殺してますし、他の団員もマーレ人を
手に掛けてるし。

仲間の兵士を殺すやり方は飲めないジャン達でしたが、ハンジは観客になる
つもりはないと。
それにマーレ大陸には巨人が上陸し地ならしは開始され北東の都市は壊滅して
いるだろうと。
もう時間がない。
マーレだけで無く他の大陸も時間の問題。

ここに来てマガトもイェレナも考えを変えてきました。
イェレナはこの先が見たいという思いから、マガトはもっと深い悔恨の念
あるようです。

これまでの自分の行動が間違っていたと謝罪。
これって凄いことですよね。
自分自身を卑劣なマーレそのものだと例えたり、あれだけ怨恨を抱いていた
エルディア人に対し理解を示し、自ら血塗られた愚かな歴史を後世に伝える
責任を果たそうと考えるまでになるとは。

マガトの言葉は重かったです。

アルミンはジャンとオニャンコポンを殺したマーレの残党を飛行艇で追うと
いう理由をつけて飛行艇とアズマビトを手に入れようとしましたが、無血で
決行することは叶わず。

怪しんだフロックをキヨミが押さえ込みましたけど、この人何か武道をして
たんでしょうかね。
兵士相手に押さえ込むなんて普通のおばさんではない。

作戦の失敗に気づいたミカサはキヨミやアズマビトの救出に。
マガト、ハンジ、ジャンとも合流し地下へ。

哀しいけどこれでライナーとアニが戦えるってことですね。
二つの閃光。
久しぶりの女型の巨人の戦闘です。

けが人であるイェレナとリヴァイ、戦闘に巻き込みたくないガビとファルコは
離れたところで待機のようです。
オニャンコポンも武装してないし、ピークは護衛ですかね。

作戦が失敗し巨人戦になったことに「なぜこうなるんだ」とオニャンコポン。
「人から暴力を奪うことはできないよ、ねぇ?兵長」

イェレナがリヴァイに話しかけてます。
明らかに彼女にも変化が見られますね。
まだリヴァイはこの状況に関して言葉を発してませんが、彼もまたこれまで
とは違った見解を持っていそうです。

ダズとサムエルに「裏切り者」と呼ばれるアルミンとコニー。
それはかつてコニーがベルトルトへ向けた言葉。

辛いわ・・・ (ノД`) 

アルミンは被弾しますが、彼は巨人化すれば元に戻りますけど、今それを
したらコニーを巻き込んでしまうからできませんよね。

コニーはアルミンの頭を撃ち抜こうとするダズを撃ち、目の前のサムエルも。
もうこうするしかない状況ですもんね。
仲間だけど、仲間だけど、今殺されるわけには行かないから。

はぁ・・・毎回毎回しんどさが増して行きます。
かつての仲間を手に掛けなくてはならないなんてね。

リヴァイもそうでしたよね。
部下達が巨人になってしまって・・・
あんな残酷なことってないわ  (。>д<)。・゜゜

でもその狂気の世界を乗り越えて今、新しい世界の組み替えが進んでいるよう
にも思えます。

はぁ・・・ため息しかないけど。


6月号は残念ながら休刊で、次は7月号になるようです。
これは仕方ありませんよね。
みなさん、健康が第一で!!
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2020/04/25(土) 19:40:37 | | #[ 編集]
キヨミ様がフロックを気絶させ、猿轡をかけて全身縛って
ダズ達が気がついた時に船は遠くに
縛られもがいてるフロックを見つけて
そんな蜂蜜入りのお汁粉の様な甘い展開はないよね
エレンはダズ達も守りたかったんだろ?
私2度の投稿?
此処に1度投稿したか記憶ない
2020/06/17(水) 18:34:30 | URL | ミント #oJbzgH2U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック