FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2020年05月03日 (日) | 編集 |
高橋留美子さんの新作を読んでみました。
「犬夜叉」はアニメでもどっぷり嵌って原作大人買いしたくらい好きですが、他の
作品は「人魚シリーズ」と「めぞん一刻」は好きですがあとはアニメで見たくらい
であまりコメディに振ってる作品は読んでないのですよね。
短編系は好きなのですけど。

「境界のRINNE」は子供たちは笑いながら読んでましたが、私はう~~んって
とこで。

今回はどうかな~~っと手を出してみました。

面白いです!!




【内容情報】(出版社より)
陰陽師と妖(?)少女の大正怪奇ロマン!
小学一年生の時、一家全員が事故に巻き込まれるも自分だけ生き残った過去を
持つ黄葉菜花。
中学三年になった彼女が再び事故現場を通るとなぜか大正時代へ!
そこで出会った陰陽師の少年・摩緒より「お前、妖だろう」と言われた翌日に
菜花の身体能力が覚醒したーー
自身の「謎」を解き明かすため、菜花は摩緒と行動を共にする事になるが…
「宿命」の2人がいずれ来る「運命」に立ち向かう大正怪奇ロマン、開幕!!


【編集担当からのおすすめ情報】
全世界待望!
『うる星やつら』、『らんま1/2』、『犬夜叉』、『境界のRINNE』の圧倒的
ヒットメーカー・高橋留美子最新作!!
今度のるーみっくわーるどは
『犬夜叉』からおよそ11年ぶりとなるシリアス怪奇ロマン大作です!
『犬夜叉』ファンはもちろんのこと、『人魚シリーズ』のファンも楽しめる内容
となっております。
陰陽師の少年・摩緒。
妖(?)の女子中学生・菜花。
「宿命」の出会いを果たす2人がこれから起こる壮絶な「運命」にどう立ち向かい
”絆”を育んでいくのか…
2人の成長…緻密な物語…ぜひお楽しみください!

ということなのでやはり「犬夜叉」に嵌ったものにはたまらない展開となりそう
な気配です。

摩緒はシリアスさんのようなので結構好みですね。
るーみっくわーるどでは女の子はみんな気が強いですが、今回の菜花もそんな感じ
ですね。
しかも気が強いだけじゃなくて身体能力も高そう。
妖ってことのようなのでこれからまだ強くなるかもですね。

まだ3巻は読んでいませんが、お手伝いさんの魚住さんのスムージーがかなり
怪しいのであれは人間として生活するための栄養ドリンク的なものでしょうか。
力を封じる目的もあるようですね。

祖父といい、悪い人たちではなさそうなので、菜花を守ってくれてる???
普通の人間ではなさそうですよね。
魚住さんは乙弥くんと同じく式神さんぽいです。

白羽くんは安定の不憫なポジションの子のようですね。

摩緒は陰陽師の時の格好だと賢い犬夜叉って感じに見えます。
私の好みとしてはツーカラーではなく、黒か白のどちらかにしてもらった方がいい
んですけどね。
900年も生きてるとなれば白髪も仕方ないのかもw
白じゃなくて紫なのかな?

今のままのキャラ達でも十分楽しめそうですが、必ず登場するお笑い担当キャラが
まだ出てきてないので今後、期待ですね。

シリアス大正怪奇ロマンってことなので楽しみです。
早速3巻読まねば。


3巻読みました、追記。
一気に話が進んでましたね。
菜花が幼い時、大正時代に飛ばされて摩緒を見ていたこと、あの化け物の正体は
摩緒だったのにはびっくり。

摩緒の身体は猫鬼の身体と融合してたんですね。
そりゃ大変だわ。
猫鬼の血を浴びてしまったのに絶命しなかったってことでか菜花は摩緒の次の器に
選ばれたようですが、菜花はどうして絶命しなかったのかが気になるところ。

魚住さんはやっぱり式神でしたね。
これはわかりやすいですもんね。
摩緒が飛ばしたものだとは思いませんでしたけど、繋がりがわからなかったので。

それにしてもおじいちゃんはのままですね。
猫鬼側ではなさそうですし、かといって摩緒関係でもないようで。
まだ何か菜花を守ってくれる勢力がいてこれから出てくるってところでしょうか。

で、お笑い要員でしょうか、兄弟子・百火が登場しました。
摩緒は師匠から生贄となるべく後継者に選ばれたようで、なんかやな感じです。
師匠ってのがもう既におかしいし。

貂子さんが怪なのは納得ですね。
いかにも~~~って風でしたし。
それにしても本体なのかな、可愛い

朽縄というのは摩緒の昔の知り合いのようでもありますが、誰でしょうね。
普通の人間ではなさそうで、兄弟子の1人ですかね?
これから何人か兄弟子が出てきて摩緒と敵対とすとかでしょうか?

猫鬼も摩緒もはめられたってことのようですが、誰に??何の目的で??
これからそれがわかってくるんでしょうね。
ミステリでもあるようなので楽しみです。

4巻発売日はそろそろですね。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック