FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「進撃の巨人」32巻ざっくり感想

もう本当、えらいことになってます。
前巻の感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

進撃の巨人(32)特装版 (講談社キャラクターズA) [ 諫山 創 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/10/3時点)

楽天で購入




本誌で既に感想を書いてるので通して読んでの感想のみ。
別冊マガジン連載時感想は以下の通り。

127話感想  128話感想​  129話感想​  130話感想

やっぱり、エレンはミカサが自分をどう思っているのか知りたかったんで
しょうね。

そして、ヒストリアのお腹の父親はエレンだろうなと。
ここで、他のモブの子を産む意味もないだろうし。

エレンはあと4年しか生きられず、自分が生きている間に大切な人たちが
幸せに暮らすため「地ならし」を発動したわけで。

その大切な人たちから自分の行動が容認されなければ「地ならし」を辞める
のではないかと。

エレンを止めるのはミカサとアルミンだろうし、リヴァイはやはりジークに
止めを刺すのではないかと。

敵同士で憎しみ合い、殺し合いしていた者たちがお互いのことを知ったことで
それぞれの立場の理解に至りました。
それは許すこととは違うけど乗り越えて未来を作るのとには繋がりそうです。

はぉ…でも、まだ簡単には行きそうもないようです。
スポンサーサイト



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2020/10/03 16:20 ] 進撃の巨人 | TB(0) | CM(1)
エレンは恋愛とかに疎いドン感
それでも、ミカサとの事をきっちりせずにヒストリアと
ありえない
[ 2020/10/04 18:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する