fc2ブログ

今月は黒執事の表紙ですね。
ハロウィーンってことで生々しいw
セバスが楽しそうで何より。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2020年 11月号 [雑誌]
価格:599円(税込、送料無料) (2020/10/18時点)

楽天で購入


扉絵は坊ちゃんでしょうかね、旋毛からだと・・・

男爵邸の話は終わったと思ったんですが、まだあったとは。
メイリンたちはひとまずどこへ戻るんでしょうかね。
劉の隠れ家みたいなとこかな。

みんな潜入で出っぱらってるでしょうし、取りあえず先に帰還ってことかな。

セバスなら時々潜入先から抜け出して坊っちゃんからの支持を伝えることも出来
そうですもんね。

ファントムハイヴ邸のシエルには早速ポラリスから北の血液工場が壊滅したという
情報が伝わったようです。
シェルは弟の仕業だとすぐに理解したようで弟の初めての勝利を喜んでます。

が、ポラリスは荒れてますね。
主の前だというのに取り乱し方が尋常ではない。
あまりまともな執事ではなかったってことですかね。

シエルを“シリウス様”と呼ぶポラリスに対して「僕はもう“シリウス様”じゃない、
それは弟のことだろう」とシエル。

これはどういうことなんでしょうね。

「もう」というところが気になります。
かつてはシリウスだったけれど、今は違うってことでしょうし、どこでそれが変わ
ったというのでしょう?

今のゴタゴタの中では圧倒的にシエルの方が優位なのに 。
               
ポラリスもどうやらシエルと同じビザールドールのようですが、他のお星様たちも
みんなその可能性がありそうですね。
ってことは一度亡くなってる人たちってことですよね。

ポラリスは過去に主を失う経験をしたようです。
葬儀屋さんの様子からファントムハイヴの関係者のようですし、かつて執事だった
者のようです。

先代の執事であればタナカさんの下で働いていた誰かでしょうね。
でも、もっと前かもですし、葬儀屋さんがビザールドールにしていることから、祖母
クローディアを主としていた者かもしれませんね。

ビザールドールで上手くいくためには生への執着と未来への願望がたくさん必要だった
と思うので曰く付きの者であることは確かでしょう。

さて、次の舞台はどこかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

卓上 『ディズニー ツイステッドワンダーランド』(2021年1月始まりカレンダー)
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/10/18時点)

楽天で購入


スポンサーサイト



今日読んだコミックの感想 2020/10/24

今週読んだコミックの感想 2020/10/17

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)