fc2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2021年03月31日 (水) | 編集 |
​​宇宙兄弟 39巻


【内容情報】(出版社より)
救援物資を手に入れ、一時の安らぎを得た月面のムッタたち。
その一方で、地上ではシャロン天文台の記念すべき「ファーストライト」の準備が
進んでいた。
さらに、ムッタたちを救うべく、月への救出ミッションも本格始動!
マクシム4が着々と月へ行く準備を進める中、二度目の月行きが目前に迫るヒビトの
心中はーー。


ついにヒビトが月に行く時がきました。
ずっとヒビトはNASAの人たちに会って区切りをつけたいと思っていたんですね。
黙って勝手にロシアに行ってしまったことを。
でも、あのときのヒビトにそれ以外の選択肢はなかったですよね。
NASAで戦力外通告されちゃったのだから。
それでも月に向かうなら、ロシアに行くしかなかった。
よく頑張りましたよね。

あとは無事に月に着いてムッタと再会して欲しいところですが、そんなに簡単には
いかない気がする。
危険なイベントが待っていそう。
怖いよぉ・・・(><)



雪花の虎 10巻


【内容情報】(出版社より)
女・上杉謙信の一代記、堂々終幕!
宿敵・武田信玄との最終決戦、第四次川中島の戦い。
苦楽を共にした家臣と共に幾度となく出兵した川中島に着陣した謙信。
果たして戦の神はどちらに軍配をあげるのかーーー
女と男。大胆と慎重。義理と冷酷。
常に真逆、相対する二人の長きに渡る戦い、遂に決着!
降る雪のように優しく、舞う花のように美しく、哮る虎のように勇ましくーーー
戦国を駆け抜けた姫武将、その終幕を見届けよ。

【編集担当からのおすすめ情報】
『東京タラレバ娘』『美食探偵 明智五郎』の東村アキコが描く、本格大河ロマン、
堂々完結!
今回の見所はまさに謙信と信玄の“一騎打ち”!
本作では戦前と戦中、二度の“一騎打ち”が描かれます。
伝説の川中島での直接対決をどう描くのか…
女・上杉謙信ならではの勝負シーンは必見です!!
完結記念のおまけエッセイも収録!

川中島の戦いきましたよ。
6年かかりましたか・・・
上杉謙信が女性だったのではということで描かれたこの作品。
もう今では謙信は女だったことが私の中ではほぼ事実状態。
武田信玄と二回も温泉バッタリは創作だけど盛り上がりますよね。
生娘だった謙信が川中島の時には信玄を誘惑してみせるとか心踊りますわ。
絶対にそんなことはなかったでしょうが、面白いイベントかなと。

謙信が茶臼山に陣を敷いたのではないかという考察も作者ならでは。
ティータイムでのざっくり歴史説明も楽しかったですよ。
上杉方に親しみを覚えましたね。
武田信玄は映画になってたり、小説とかで風林火山と色々有名ですが、謙信については
毘沙門天とか敵に塩を送るとかのかっこいい逸話しか知らなくて・・・
なので史実とは多少違っていたとしてもドラマチックで面白かったです。
またぜひ歴史物をお願いしたいです。
鎧の描けるアシスタント様方のためにも。​​
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック