アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年09月20日 (水) | 編集 |

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​周回遅れ+1くらいの遅れた感想になってますので、2話まとめてUPします。
これまでの感想は​こちら​。





では、ざっくりで。

マルセルがユミルに喰われ、驚いたライナーは一目散に逃げたよう。
まさか巨人がいるとは思わなくて慌てたようですが・・・

アニが言うにはすぐにマルセルを喰った巨人を抑えておけば「顎の巨人」
を失わずに済んだのにと。
そうだよね~

喰われただけならエレンも生きてたんだし。
すぐに救出してマルセルを巨人化させたら多少の傷なら回復したはず。

ベルトルトもライナーの後を追って逃げたようで。
アニだけが冷静な判断が出来てたようですが、二人が逃げてしまったもの
だからわけがわからなくなって一緒に逃げちゃったようです。

ああ・・・ライナーの残念ッぷりが際立ってます。

アニは「顎」を探して帰ることを提案。
どこかで人の姿に戻ってるはずだからそれを探して回収するつもりのよう。

マルセルの指揮がなくては「始祖奪還作戦」なんて果たせっこないとアニ。
すでに作戦は失敗だと。

が、自分の失態によって起きたことだから「鎧」は剥奪され次の戦士に喰われ
このままでは母親をがっかりさせることになるライナーは作戦の​続行​を主張。

アニが言うようにライナーがこの時くらい冷静であればこんなことにはならな
かったんでしょうね。
アニのりもわかる。

大体、作戦が失敗すれば自分にだって責任を追及される恐れがあるんだから
ヘタレなんて邪魔なだけですからね。
ライナーがまさにそう。

でも、アニにフルボッコにされても立ち上がり、​みんなで故郷に帰ろう​
いうライナーにほだされちゃったんでしょうね。
ホント、この子ら命かかってますからね。
本気度が違うわ。

結局、ライナーの言うとおり、マルセルなしで作戦を続行することになり
あの破壊へと繋がるようで。

ベルトルトをスルーで壁の中へ入っていくダイナ巨人が・・・
彼女は巨人になって何もわからなくてもなお、グリシャをめてたってこと
なんでしょうね。

この後、カルラをパックリしてしまうのだと思うと・・・(><)
壁の中を覗くベルトルトの目にエレンたちの姿が映ってるし・・・

壁を破壊するライナーのまだ終わりたくないという思いが痛々しい

彼らの事情を知らなかった頃は巨人に対しなんて非情な存在​なんだって
腹立たしく思えましたが、今となっては・・・。

世界は残酷だわとしか・・・。

壁の破壊時に超大型巨人と鎧の巨人しかいなかったのはなるほどでした。
アニは壁まで二人を運んで疲労してたんですね。
そりゃ巨人を隠れ蓑にするためには、彼らを引き連れてこなくてはならす
でも、下手すれば自分たちが襲われるという結構危険な策ですからね。


騒動に紛れウォール・ローゼに潜入した3人はエレンたちと同じ避難時に
いたんですね。
これもまたい。

ライナーたちは2年掛けて王家について調べたようです。
って主にアニがだけど。
ライナーたちは木の根っこを引っこ抜いてただけのようで。

アニだけが王都を行き来できるようですが、どうしてなんでしょうね。

3人は既にフリッツ王が影武者家ごと別物だという情報を得ていて、
恐らく彼らは「ユミルの民」ではなく、他人種系エルディア人だろうと
考えていたようです。

で、そいつらが壁の中央を仕切ってると。

ほぉ~~~~
スゴい情報収集力です。
主にアニが。

これまで、ユミルの民=エルディア人だと思っていたのですが、そうでは
なかったんですね。
エルディア人>ユミルの民 のようです。

それ中央の権力者たちはエルディア人ではあるけれど「始祖の巨人」の力が
及ばないってことだったんですね。

アニが誑し込む策を悉く反対したり、アニが自分にはその魅力はないというと
そんなことはない!って必死なベルトルトが可愛い

そっか、こんなことがあればライナーにだってベルトルトがアニに惚れてる
って気づくわな。

それと彼らが出身地としていたウォール・マリア南東の村というのは実在して
彼らが滞在していた場所で知り合った生き残りだという人の情報を元にした
ようですね。
しかもちょうど3人の子供たちがいたってことですし。


この後、彼らは兵士になって中央憲兵に近づく道を選択。
「貴様らは何しにここに来た!?」と問われ

「人類を救うためです」
って答えたライナーの言葉は嘘偽りのない​本心​だったという。

そら、本気度が違うわ。
尋常でない​​決意​​の上で来てたんですもんね。

私怨だけで動くエレンや口だけの他の者とは比べものにはならないわ。

はぁ・・・もう色々と切ない限り。


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​



2017年09月20日 (水) | 編集 |

今月号には新しい情報は出てきませんでしたが、毎月毎月ドキドキ
させられております♪

はぁ・・・パパン素敵 (*≧∀≦*)

   

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2017年 10月号 [雑誌]

約束された未来を見据え・・・
って扉絵のパパンと双子が・・・

これは誰もがケルヴィン男爵になるわ。
パパンの長いとほくろが安定のエロさを醸し出してます。

パパンは絵本を読む時も手袋を外さないんですね。
もしや、ここに契約印が?
悪魔はタナカさんですよね??

だとするとパパンの魂はタナカさんがごっくん。
ってことになるのかしらん。

双子ちゃんたちは「Fenian cycle」を読んでもらってます。
男の子だし好きだったんでしょうね。

シエルはフランシスに剣の稽古をつけてもらってますが、これは
ボート遊びの後の話だったようです。
僕のお嫁さんがリジーでよかったっていう場面のとこですよね。

タナカさんの等身がw
見たことも無いほど長身でかっこええv

坊ちゃんは聞いてしまってたんですね。
フランシスが兄に「継承者のシエルにもしものことがあれば、次男が
家督を継がねばならないのに坊ちゃんでは番犬の仕事は荷が重すぎる」
って話をしていたことを。

次男がスペア呼びなのがい。 ( p_q)
この当時は当たり前のことですが。

パパンはそうなった時は番犬のお役目ごと領地を陛下に返上するしか
ないかもって言ってますが、坊ちゃんとしては絶対にそんなことに
なってはいけないって思ったでしょうね。

きっと坊ちゃんではダメだとみんなが思うから、生き残ったのが坊ちゃん
ではみんなががっかりするから・・・
それで坊ちゃんはシエルになろうとしたんでしょうか?

シエルが亡くなってしまったのであれば家督を継ぐのは坊ちゃんでも
よかったはずなのにそうしなかった理由は・・・
シエルに成り代わりたかったって思いもあったのかもですし・・・

二人の話を無言で聞いてる坊ちゃんが切ない (ノД`)

今回はパパンの仕事である領地の視察に同行させてもらう二人。
なんて可愛い!O(≧∇≦)O
お膝がたまらん。
お洋服もってる!!

今回、二人のキュートさに心臓づかみ
ショタ好きの方は心してかからないと生きてGF閉じられないかと。
この可愛らしさは本誌の大きさで見なくてはもったいないですよね。
ああ・・・ありがとうGF。


そして髪を耳にかけてるパパンが超絶エロい。 (/ω\*)

なんなんだろ、この人は。
セバスからエロフェロモンだけを抽出したような​色気​。 (*´д`)ハァハァ

流し目とかセバスと同じなのに、なんだろ、何が違う?
悪魔がエロいのは当然なんだけど、人間にしてこのエロさってのが
危険領域なのかしらん。
きちんと英国紳士なのに・・・妖艶

恐ろしい・・・。

あ、そうそう新たな情報もありましたね。
双子の名前を考えたのはママン。
親戚一同、もっと伝統的で格のある名前にしろと言ってたらしいの
ですが、それを押し切って英国には珍しい名前をつけたのだとか。
シエルはフランス語で“空”ですもんね。

坊ちゃんはきっと対になる名前だろうとってことで“海”を表すミルでは
ないかと・・・

でも、英国の伝統ある名前なんて古臭い
なんて言われる時代がそう遠くないかもしれないしね

パパンのお顔が悪のお貴族さま過ぎるw
フェロモンダダ漏れでこれだけ歩き回って、ホントに罪な男。
ケルヴィン男爵は事故だよね。

いつもニコニコしてるけど、の顔が垣間見られて最高の今月号。

パパンは英国はこれから変わっていくだろう、英国だけでなく世界が
とか思ってたんでしょうかね。
そういう面で女王に何かしら疎まれるようなことをしてしまったのか、
それとも女王が先走りしたのか。

私はファントムハイヴ家の事件の黒幕は女王だと思っているのでつい
結び付けて考えちゃうんですよね。

そして、坊ちゃんの将来の夢も判明。
ロンドンに出てオモチャ屋さんになりたい。

坊ちゃんは病弱で部屋の中にいることが多いから、部屋の中で遊べる
おもちゃがもっとあればいいなと思ってたんですね。
会社を経営することは貴族のするような仕事ではないけれど、自分で
なんでもできるようにならなくては
と思ってて。

これが今のファントム社の経営に繋がっているのでしょう。

だけどシエルは例えリジーがお嫁さんに来てくれたとしても、坊ちゃん
には領地内で医者とか牧師になってもらってずっと一緒にいたいって
思ってるよう。

その思いは坊ちゃんが思ってる以上に強烈なようで。
時々怖いくらいの執着を見せてましたもんね。

ああ・・・シエルの中の狂気にドキドキ (*/-\*)
パパンもシエルの台詞から何か感じ取ってるようでしたよね。


今回はパパンのやかさと双子の可愛らしさ萌死回避不可。

ラストの「気持ちのズレは、繋がれないまま」って煽りが・・・
二人の手は繋がれたのにダメだったのか・・・
来月号こそ、いよいよ心臓がもたない予感。


うわぁ・・・

契約時、何があったんだよぉおおおお、セバスチャン!!


2017年09月19日 (火) | 編集 |
1クールめ最終になるんでしょうか。

勢いよくクイックステップを踊る多々良たちでしたが、なんと多々良の
足がくなってきて・・・
ついに本格的なスタミナ切れ

ステップも踏めないし、ポイズの維持も出来ずホールドが崩れゼッケンに
皺が寄ってしまって(><)

真子はペース配分なんて考える余裕無くずっと多々良は全力で踊ってきた
ことを知ってますから、ここまで来たらやれるだけやればいいって感じの
ようで。

天平さんにも多々良が初心者だったんだと見抜かれてますし、マリサには
一歩一歩が見苦しくなってきたと厳しい視線。

実力にそぐわない派手なバリエーションは審査員の目を引くどころか
悪目立ちしていると仙石を指導者として落第だと。
中身のない不細工な踊りは不快でしかないとかボロクソに思われてます。

でも、これは仙石なりに考えた結果だったんですよね。
マリサは勝負のことを知りませんからね。

雫が勝ったら雫は息子の清春とセパレートして賀寿と組むことになってる
なんて知ったらマリサはどうしたでしょうね。
それでも甘くは付けなさそうだけど。

仙石としてはダンスは「比較採点」という特性上、埋もれたら最後で、
フロアーで無視されたら終わりだと思ってるんですよね。
だから、まずは一瞬でもいいから見てもらうために「特別バリエーション」
を付けたんですよね。

作画は期待したようにはステップも見せてくれてないし、動いてもいま
せんが、それでも満足できるくらいのを感じましたわ。
雫と賀寿の踊りも大きくて迫力ある!

多々良のダンスは下手だけど、渾身のダンスで観客の注目を浴びてますv
何より多々良も真子もしそう!
踊り手のが観客に伝わってる感じですね。

清春の笑みがオリジナルのカットで入りましたねv
いいよ~~~

多々良は決して上手くはないけど、見て欲しい!って気持ちが誰よりも
いんですよね。
仙石の振り付けがいかに凄いかを見て欲しくてたまらない!!って気持ち
で踊ってるんですよね。

仙石が多々良をった時と同じように観客へアピール
天平はなぜ自分が多々良に準決勝でチェックを入れたのかを考えますが、
その答えを見つけたようです。

多々良が行っている目の前の者にのみダイレクトに伝わる高揚感
“刹那的”な“一瞬”のアピール

その一瞬が見たかったのだと。
これがダンスの技術に関係なく観客をかせ、わせるのだと。

多々良、いい笑顔で踊ってます。
もう気持ちだけで踊ってるようですが。
思わず賀寿も多々良の笑顔につられてるww

結局、ダンサーはダンスを踊るのが楽しいのでしょうね。

賀寿も多々良から高揚感が伝播し、感情を抑えきれずに声を出して
ますv
ダンサーたちの感情は会場中に伝播し、観客から手拍子が。
真子も雫も全力ですね。

ステップは見せてもらえないし、クイックの曲がどんなかもわからない
けど、二人の渾身のダンスは作画から伝わってきましたわ。
とにかくい!!
どっちも出し切りましたね。

仙石も清春も踊りたい気持ちが抑えきれない様子・・・
清春は外へ出て踊り出しちゃったようですv
ここはアニメの方が圧倒的によかった!

原作だと清春が突然踊り出したことに驚くおばちゃんたちがいるんですが
そんなのいらないから!
清春の高揚感も伝わってきましたわ♪

踊り終えた多々良も賀寿もフラフラ。
汗がい。

賀寿もここまで全力出し切ったのは初めてのようで。
ま、多々良は体力ないから仕方ないけど。

自分に対し、本気で勝つ気なのかと問う賀寿に「本気」だと答える多々良。
「100万年早ぇえべ!!」
賀寿の言う通りなんですけどね。
確かに今の多々良の実力で賀寿に勝てるわけもなく。
それは仙石も承知。

いよいよ結果発表。
多々良は仙石に何位のダンスを踊ったかを聞かれますが、本人としては
もちろん・・・

が、優勝は賀寿&雫組。
多々良たちは7位。

多々良は自分の実力の無さを踊りながら痛感してたんですよね。
それでも、拍手をもらえたのが嬉しくて「勝てるんじゃないか」と
ちらっと思って・・・

だけど、結果は実力通り
打ちひしがれる多々良に名前を呼ばれたら笑顔で出て行けと仙石。
さすがはプロ。

本来ならド素人の多々良が決勝に残ることだって奇跡だったんですよね。
表彰してもらいながらも負けちゃいけない試合だったのにと落ち込む
多々良に真子は「まだ諦めちゃだめですよ」っと。

この天平杯には他の試合と違って、ボールルームクイーン賞があって
それはフロアで一番輝いていたパートナーに贈られる賞。
実は真子がこの賞を獲れば雫に勝ったことになるんですよね。

ボールルームクイーン賞は・・・真子!!
多々良のリードの賜で真子が綺麗に魅せることができたからの受賞。
フロアで一番輝いていたパートナーは真子だということに。

これで真子の願いは叶いましたが、雫のショックが・・・
多々良が真子を自分より上手く踊らせる気でいることをに対してカチン
ときて「見くびらないで」と強気で出たものの、多々良が本当にやって
のけたことにきを隠せず・・・

本来の実力から言えば雫の方が上だけど、今回、賀寿と組んだことで
賀寿はいつも以上の力が出せていても、雫にしたらそうではなくて。
清春と踊る時のように力を十分出し切って踊れなかったってことです
よね。

最後は本気になって踊っていたけれど。

リーダーとしての実力はやっぱり清春の方が上ってことでしょうし
パートナーに対する思いも清春の方がずっと上の気が・・・。
雫個人に対しては賀寿の方が好きなんだろうけど。

アニメではカットされてましたが、天平さんは賀寿と雫に声をかけている
んですよね。
特に雫には、もし天平杯にMVPがあれば間違いなく、それは雫だったと。
恐ろしいほどに技量が突出していて、時にリーダーを喰うほどだった
「君はまだまだ成長するよ」

ダンサーとしては雫の方が桁違いに勝っているけど、パートナーと
しては今回は真子が輝いてたってことなんでしょうね。

雫には自分の限界を考えず、もっともっと上を目指して欲しいです
よね。
自分の負けを認め、リベンジさせてねって真子に声をかける雫が大人。

今度はリーダーが清春なら負けはしないでしょう。
清春は今回の試合についてもすぐに趣旨を理解したりと、ただ踊ってる
だけの視点の選手じゃないようですから。

雫に対する理解も賀寿とは比べものになりませんしね。

おうちへ帰ろって真子に手を引かれていくアニメ賀寿が可愛かった。
いいお兄ちゃん。
原作では雫に未練を残してたのにw

雫が一人トイレで泣くシーンはイメージしてたのよりずっと強く悔しさ
出ててびっくり。
原作は悔しさってより自分の実力の無さを不甲斐なく思って泣くって感じ
だったんですけどね。

どっちもありかな~っと思いました。

それと会場を後にする多々良と仙石のところはアニメオリジナルの台詞
でしたね。
1クール目の締めとしては良い感じ。

何も口にしない原作の雰囲気も好きですけど。

ここで引きかと思ったらCパートで2クール目の繋ぎも一気に持ってきま
したね。
高校合格して新たな生活に入る多々良。

そこには・・・キタキタ!!

いや~~~天平杯も盛り上がりましたけど、多々良としてはこれからが
本番ですよね!!

試練が続く新生活楽しみです♪
どこまでアニメ化するんでしょうかね。
今の試合の結果が出るところまでかな。

ダンスへの情熱が加速する!ってPVの​煽​りいいですね~
















​​​​
2017年09月18日 (月) | 編集 |
今週号は土曜発売でGFと重なってしまいましたが、こっちをさらっと
先にUPしときます。

では、今週も気になった作品のみ一言感想を。

約束のネバーランド
おっさん拘束してたのはいいけど、持ち物の確認ができてないことと
あんな拘束じゃすぐ抜けられるわね・・・
エマやレイにして甘いと思うんだけどわざとかな?
それにしても至れり尽くせりで怖いくらいのシェルターだこと。





Dr.STONE

次はガラスか~
クロムくん、切ない。





こち亀
両さん久しぶり~
やっぱり安心するわw
で、扉絵描きすぎてあまってるとか・・・秋本先生凄すぎ。

鬼滅の刃
善逸~~~~そこにいたのかwww





レイブンブライ
迫力あって面白かった。
でも、ちと主人公の顔が丸いのが気になる。
あと、髪が白い理由はなんだろ?

火ノ丸相撲
角界復帰でよかった、よかった、なんだけど、凄いオーラ出てますね。





ハイキュー!!
全日本男子・・・色々強化しないとだね。
世界を相手にするには身体で劣る日本としては技術で勝らないとどうにも
通用しないよね。
サーブはどんどん進化してるけど、それを入れ続けて始めてスタートに
立てるくらいなんだろうね。
あと、ブラジルのシンクロ攻撃かっこええ。
日本こそ、あ~んな感じでブロックを翻弄する攻撃がいるよね。
西谷もサーブで狙われるなんてリベロとしてかなり屈辱だけど、ここは
一つ踏ん張って!
センターからの攻撃のほぼ真正面にいるブロック抜いて右手でブロッカーの
左を抜けるってどんな打ち方したんだろうね。
トスの位置からしてもあれはシャットだと思ったんだけど。





磯部磯兵衛物語
自分で貫徹を見せると言っておきながら・・・
さすがの情けなさw


では、今週はこれで。












2017年09月17日 (日) | 編集 |
またも一巻飛んでの感想です。
13巻は感想書くことあんまりなかったし。

12巻感想はこちら





格闘技会場に現れた怪人・ゴウケツは出場選手に怪人細胞を
与え、選手の怪人化を図る。
次々と怪人と化す選手達に、大会優勝者のスイリューが立ち
向かうが…。
スイリューの窮地にとあるヒーローが駆け付け!?


ゴウケツがサイタマのいた格闘技会場でも大れ。
怪人細胞を取り込むと恐ろしいまでに力が増大し、暴力的に。
ヒーローたちと違って、格闘家たちは強くありたい者たちだから正義
なんてどうでもよくて、自分が強くあれれば・・・
ってことでみんなすんなり怪人化。

まぁそんなもんなんだろうなと。
その中でスイリューは頑張りましたね。
生身のままで怪人化していった者たちを片づけて・・・

おお~~~イケメンくんやるやん♪

っと思ったのにゴウケツの強さは桁違いだった。
何桁くらい違うんだろ。

あまりにもゴウケツが圧倒的でスイリューは全く歯が立たず。
それどころか、ボロボロにやられて気力も折られ、助かるために逃げ
ようとするのが精一杯。

そんなとこへスネックとマックスはやってきて。
全然怯まない。
あまりにも敵が強すぎることを目の当たりにしてるのにさすがヒーロー。

敵わないとわかっていても立ち向かう気持ちがかっこええ。
いや、もしかしたら勝てると思っていたのかも。
だとしたら敵の戦闘能力を見誤ってる時点で負けだわ・・・

「助けに!」って当然のように振る舞う姿はれるんだけど。

カラスは倒せてもゴウケツの前では瞬殺

ゴウケツ強すぎるわ・・・
仲間がいる廃墟地帯に戻っていって一安心。

なんだけど、怪人化したバクザンが調子に乗って・・・
生身ではスイリューには勝てないと悟ってたバクザンだけど怪人化して
凶暴的な力を入れた今なら簡単に倒せるってことでスイリューを痛め
つけて楽しんでる。

ああ・・・見事なまでの雑魚キャラ。

スイリューもイケメンで素敵だったのに心が折れてもはや戦う意志はなく
涙ながらにヒーローに助けを乞う始末。

でも、ヒーローはみんな敵と戦っていて手が離せるような状態ではなくて。

どうなるんだよ、スネックさん潰されちゃうよ~~~~~(><)
って大ピンチでやってきたよ、真のヒーローが!!!

でっかい音がするまで気づかずゆっくり着替えてたって・・・
どこでだよっっっw
もうスタジアムどこもボロボロだよ。
ロッカールームだけは無事だったのかい??

「後は任せとけ」
って見開きにデカいイケメンサイタマ!!!!

ずっとこの顔だとれるのにw

怪人に成り果てたバクザンを見ても誰だったか思い出せないサイタマ。
一々殴った相手のことなんて覚えてないってあっさり。
随分見た目も変わってますからね。

バクザンが蹴りや突きをサイタマに喰らわせますが、サイタマ全く
避ける気なくて。

全部喰らってるけどノーダメージ。
「誰だっけこいつ?」って考えてるだけだしw
いいよ、いいよ、ワクワクするよ♪

バクザン渾身の地獄送り手刀を繰り出してきたところで・・・
ワンパンにて瞬殺

バクザンの上半身ぶっ飛んだし。
スイリューびっくり
ああ~~サイタマの本当の強さを知る者が増えてしいv
みんなほとんど知らないんだもんね。

人類最強はジェノスくんがゾッコン
サイタマだよ。

スイリューはゴウケツの強さを懇々とサイタマにき、みんなの力を
結集して入念な準備をして挑むべきだと忠告。

ま、サイタマは聞き流してるわね。
「ちょっと行ってくる」
平然とゴウケツの所へ向かおうとするサイタマをスイリューは必死
止めます。

自分より強い怪人に囲まれたらどうする気だ!?
恩人をみすみす見殺しにはできない

サイタマは全く気にせず怪人たちのところへ。

いや~~~
ここまでどれだけゴウケツが強いかを見せつけてきた後ですからね~
スイリューなんて全く相手にならなかったし、ジェノスくんも壊れたし。
前振りは十分

サイタマが向かった直後に轟音が。

すぐに静かになって・・・
スイリューの目の前にゴウケツのが降ってきました。

サイタマ強すぎっwwwww

呆気なく快勝

「そうそう言い忘れたことがあったんだけど」って何事もなかったかの
ようにスイリューのとこへ戻ってきましたw

ゴウケツもワンパンで仕留めたようです。
いつものとおりワンパンだったから他との違いがわからなかったってw
かっこえええ!!!!

少年漫画のヒーローってどれだけ強いかを見せるもんだと思うんですが
サイタマはそれすら見せずに瞬殺して帰ってくるって最高!

これまでもっと強い相手と戦ってきてますからね。
ゴウケツはそれらと比べたら普通に雑魚だったってことですね。

そしてスイリューもサイタマにれましたv
弟子入り要請して即拒否られてますw

ジェノスくん回収されてよかったけど、留守の間にスイリューが居座り
そうw
押しかけ女房二人で賑やかになればいいなと思いますw